*

顔イボの取り方は自宅か皮膚科!目の下やまぶたや鼻のイボの取り方を決める

顔イボの王

顔の小さいイボから大きいイボまで取り方についてまとめて解説をしています。

顔イボの取り方は全てを含めると種類は多いです。基本的には病院か自宅の2択ですが、それぞれにもいくつかの除去方法があります。

ここではまだ顔のイボの取り方が決まっていない人向けに全ての方法を解説しています。特徴と一緒にご紹介しているので、どの方法で取るか選ぶようにしましょう。

取り方を決めてしまえば後は実践あるのみとなります。

自宅で取ると決めている人であれば下記へおすすみください。
顔のイボ取りクリームや薬で自宅で治療する

顔イボの取り方は自宅か皮膚科の2種類

顔の小さいイボから大きいイボまで取り方としては2種類あります。

自宅で自分で市販薬やイボ取りクリームを使う方法か皮膚科でレーザーや液体窒素で除去する治療です。皮膚科での治療に関しては処方される薬を使う必要はあるので、結局は自宅でのケアも必要となります。

どちらの取り方にもメリットやデメリットがあります。そのため、全ての人がどちらか一方の取り方を選ぶようなことはありません。

両方の取る方法について特徴を解説していくので、あなたにあった方法がどちらかをまずは決めましょう。その後は実践をしていくことになります。

自分で取る方法の特徴

自分で取る

顔の小さいイボの取り方として人気があるのが自分で取る方法です。

方法としては市販薬を使うかイボ取りクリームを使うかです。どちらの取り方にしろ重要と考えられている成分がヨクイニンです。

顔のイボの原因は肌機能の低下により、角質が付着して残ったままになっていることです。ヨクイニンは保水力と代謝を高める作用が期待できる成分なので、角質を剥がすターンオーバーを改善する働きがあります。

特にイボ取りクリームと言われることもある化粧品は患部の周辺を直接ケアすることができます。価格が安く効き目を実感している人が多いので、60万個売れているようなのまで様々です。

メリットやデメリット

自分で取るデメリットとしては本当に改善しているのかが心配になってしまう点です。

顔のイボはウイルスが原因な訳ではなく、肌機能の低下が関係をしています。その為、改善をするためには時間がかかってしまいます。その為、本当に改善されているのかが分からないことです。

自分で取るメリット

  • 手間がかからない
  • 原因の解消ができる
  • 値段が安く自分で選べる

ただ、メリットとしてはイボの原因となっている肌の改善ができるので、再発を防ぐ予防もできます。また、通院の手間や待ち時間なども必要がないです。

自分で取る方法については下記でもっと詳しく解説をしています。
顔のイボ取りクリームや薬で自宅で治療する

皮膚科で取る方法の特徴

皮膚科で治療

顔のイボは皮膚科や美容クリニックでも取ることができます。

皮膚科で取る方法の特徴としては即効性が高いことです。治療方法としてはハサミで切除・レーザーで除去・液体窒素で除去と3種類ありますが、これはどの取り方でも同じです。

効果としては即効性はありますが、痛みや傷跡が残るリスクと治療費が高い方法もあります。

保険が使えるハサミと液体窒素は治療費は安いです。しかし、痛みや跡が残ってしまうことも多いです。美容皮膚科のレーザーは保険が使えないので治療費は高いですが、痛みはありません。ただ、跡が残ることはあります。

メリットやデメリット

皮膚科で取る方法のメリットは専門家である医師に見て貰えることです。
他人にうつるかなど気になることは全て相談をすることができます。

皮膚科で取るデメリット

  • 保険が使えなくて高額な取り方もある
  • 病院へ行く手間がかかる
  • 取れた後は化粧品や薬が必要

最大のデメリットは取ることはできても、原因の解消をしている訳ではないことです。

その為、治療後は薬やイボ取りクリームを使って肌の改善をしないと再発することがあります。病院でビタミン剤や処方薬が処方されることが多いです。

顔のイボを皮膚科で除去する方法や費用!レーザー・ハサミ・液体窒素で除去

顔のイボが取れない!効果がなく間違った方法

顔のイボは間違った取り方をしてしまうだけでなく、悪化する方法を試してしまうことも多いです。

その代表としてあるのが、自分でハサミや爪きりで切ってしまったり、ピンセットや毛抜きで取ってしまうことです。肌を傷つけることで痛みや跡が残るだけでなく、数が増えたりと悪化してしまうことがあります。

顔のイボを取りたいのであれば、大事なのは原因である肌の改善をすることです。

取れば完治なのではなく、再発をしないようにしなければなりません。顔や首のイボは沢山できることが多いですが、原因を解消しなければ増えてしまうのですね。

顔のイボはハトムギ茶を飲めば取れる?ヨクイニン茶の効果で治る?

安くて副作用がない取り方ならイボ取りクリーム

顔のイボを安く取る方法であればイボ取りクリームです。

市販薬のよりもからだへの影響は少ないので副作用の面でも安心をすることができます。また、患部を直接ケアできる塗るタイプとなっています。

イボ取りクリームは高いものから安いものまで費用は様々ですが、高額なのを利用するのはあまりおすすめしません。

安いクリームでも効き目を実感している人が多い物もいくつか販売がされています。安くて効き目があったと評判で60万個販売されたクリームや販売して時間はあまりたっていないのに10万個突破しているクリームもあります。

TVCMを出すことで知名度が増えて売れているような化粧品ではなく、ネット限定で販売しているにも関わらず利用者が多いのが多いです。

それだけ口コミでも評判が良く、価格も安く副作用でも安心できるので、満足度が高いのですね。

顔のイボ取りクリームランキング!安くて口コミでも評判のハトムギクリーム

Copyright© 顔のイボ取りクリームや薬で自宅で治療する「顔イボ案内人」 , 2018 All Rights Reserved.