*


顔のイボはアクロコルドンやスキンタッグと呼ばれる、2つの老人性イボによってできることが多いです。

老人性イボとは角質が付着して形成がされます。ターンオーバーが乱れることによって、排出されるはずの角質が顔に付いたままとなり、それが硬化してできるイボです。

名前から年寄り限定の問題と感じやすいですが、20代でも年齢は関係なく発症をします。

ぽつぽつと突起をしていないアクロコルドンやちょろっとイボ状に突起をしているのがスキンタッグです。白い色をしていれば、ニキビのように赤い色をしている時もあるし、色素沈着によって黒い色をしている時もあります。

顔イボができてしまう原因は肌機能の衰えです。その為、クリームや薬を使って自宅で自分で治療するって人は多いです。

ここでは自分で顔の小さいイボを除去していく為の方法を紹介しています。からだに害はありませんが、ケア不足が原因となっているので、基本的には自然治癒は難しいと考えた方が良いです。

しかし、気持ち悪いですし、老けて見えてしまうので取りたいって人は非常に多いんですよ。

顔のイボを自宅で除去する治療

顔のイボを自宅で除去するのであれば、大事となるのが肌機能を正常にすることです。

肌にはターンオーバーと呼ばれる角質を排出する働きがあります。これが、紫外線の肌ダメージや肌の老化によって低下をすることで、角質が顔に付着したままとなってしまいます。

その為、市販薬やクリームを使って肌の改善をしていくことで、角質を剥がす働きで除去することができます。

顔のイボを除去する方法

  • 顔のイボ取りクリーム
  • 顔イボの市販薬

少しでも早くどうにかしたいって人であれば、イボ取りクリームに加え、サプリなどを併用している人もいます。基本的に肌の改善を医薬品で行うか化粧品で行なうかになってきます。

顔のイボ取りクリームの特徴

化粧品

顔のイボ取りクリームの特徴としてはヨクイニンエキスが含まれているイボ用の化粧品です。

ハトムギの種子より抽出することができるヨクイニンエキスには、新陳代謝を高め保湿やターンオーバーの促進など、肌機能を正常に働かせる役割が期待できます。

その為、イボ用の化粧品や薬にはかかせない成分となっており、他に杏仁エキスが一緒に含まれたクリームが販売されています。

市販薬に比べ副作用の心配をしなくてすむだけでなく、価格も3000円程度から購入できるイボ取りクリームが多いです。

顔のイボは肌機能の低下が原因となっているので1ヶ月ですぐに治せるようなことではないです。ハサミや液体窒素で取ることはできますが、肌の改善ができていなければ、また再発をしてしまうことが多いです。

顔にイボが複数できた人であれば、取ればどうにかなる問題ではないのを、すでに体験をしているはずです。
その為、副作用と価格の面から安心して3ヶ月程度使うこともできるので、人気が高いです。

顔のイボ取りクリームランキング!おすすめはどれ?

艶つや習慣プラス

艶つや習慣公式
累計で60万個の販売個数を突破するほど人気があるのが艶つや習慣です。

もともと人気があったのですが、艶つや習慣プラスとしてヨクイニンエキスと杏仁オイルの量が5倍に増えました。その為か、利用者もどんどん増えているイボ用の化粧品です。

オールインワンゲルとなっているのが最大の特徴で、乳液・化粧水・クリーム・美容液など、全ての役割をしています。本来であれば上記の化粧品を夜のスキンケアとして全て使った方が良いと言われています。

しかし、全て使うと手間とお金がかかる点から化粧水だけのように1つや2つしか使っていない人は多いです。その為か、肌が衰えてしまいイボだけでなく、肌トラブルに悩まされてしまう人も多いです。

首イボや顔イボに悩んでいる人で効き目があったと実感している人が多く、価格が安いため非常に人気があるクリームです。

最安地 2,052円
送料 無料
その他 累計で60万個突破

最安地はコチラ

口コミはコチラ

クリアポロン

クリアポロン公式

2017年に販売をしてから評判が良いのがクリアポロンです。

『menina joue』のシリーズとなっており、シリーズの累計としては10万個が販売されています。

満足度が93.1%となっており、日本製で180日間の返金保証などが用意されています。イボ用クリームの多くはヨクイニンが入っている為か、どんな製品も肌に合わないって人が口コミを見るといます。

返金保証があるので、肌に合わないか心配って人も安心をして使うことができるようになっています。

最安地 初回1,800円
送料 無料
その他 2回目以降5,440円

クリアポロンの最安地はコチラ

口コミはコチラ

アプリーアージュオイルS

世界品質の南フランス産杏仁オイルが配合されているのがアプリーアジュオイルSです。

イボだけでなく、シミやシワなど肌の乾燥が気になっている人に人気が高く、多くの人が利用をしている医薬部外品となっています。

内容量が40mlと決して多くはないですが、良くのびて肌になじむので、約1ヶ月~1.5ヶ月分の容量となっています。

イボ取りクリームとしてではなく、肌の改善をしたいって人まで多くの人が利用しています。

最安地 7,052円
送料 無料
その他 約1ヶ月~1.5ヶ月分

最安地はコチラ

ぽっつるん

人口の細胞膜を作れるリピジュアが含まれているのが特徴なのがぽっつるんです。

見た目は薬のような軟膏になってはいますが、医薬品ではなくイボ取りクリームで知られる化粧品です。

リピジュアによって皮膚を包み込んで柔らかくすることで、つるんとした肌を形成できるのを目的として作られています。

また、別売りのリアージュエッセンスが販売されています。その為、ぽっつるんをクリームの代わりにして、エッセンスを美容液の代わりにして使うこともできます。

最安地 3,800円
送料 380円~756円(配送方法による)
その他 お昼まで注文で当日出荷

最安地はコチラ

顔イボ案内人
顔のイボ取りクリームなんて呼ばれる、ヨクイニンエキス配合の化粧品ですが、多くの人が悩んでいるだけあって、色々な会社から販売がされています。個人的におすすめなのは価格が安くオールインワンゲルの艶つや習慣です。

どのクリームか迷った人の選び方!日頃のスキンケア別に紹介

多くの人が毎日スキンケアを行っています。しかしながら、人によって肌が若い人もいれが老化している人もいます。順番を守り丁寧なスキンケアをしていないことも理由として考えれらます。

スキンケアの順番

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. クリーム

これらの全てを補ってくれるのがオールインワンゲルとなっています。

そのため、上記の順番でスキンケアをしていないって人であれば、オールインワンジェルとなっている『艶つや習慣』がおすすめとなります。また、価格が安くて評判が良いのが欲しいって人も同様のことが言えます。

しかし、もしもあなたがきちんとケアをしているのなら、クリームの部分をぽっつるんに変更をするか、美容液の部分をアプリアージュオイルSに変更をしてみるのがおすすめとなります。

3つの顔イボクリームを簡単に比較!どれがいい?

最安値価格 艶つや習慣 アプリアージュオイル ぽっつるん
商品画像 艶つや習慣 アプリアージュオイルS ぽっつるん
価格 2,052円 7,052円 3,800円
送料 無料 無料 有料
特徴 オールインワンゲル 杏仁オイル 軟膏タイプ
主要成分 ハトムギエキス・あんずエキス あんずエキス ハトムギエキス
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト

顔イボの市販薬やサプリの特徴

飲み薬や塗り薬

顔イボ用の市販薬は薬局やドラッグストアで購入をすることができます。また、サプリなどもネット通販などで利用をする人は多いです。

市販薬の特徴としては副作用があることです。イボ取りクリームと同様にヨクイニンエキスが含まれている薬です。

ヨクイニンエキスの量がサプリに比べ多いのですが、その分、価格も高く副作用の症状が報告されています。

顔イボの市販薬の副作用

  • 肌の荒れ・肌が赤くなる
  • 胃の不快感・下痢

その為、市販薬を利用をする際には使用量を守り、少しでもからだに異変を感じたのであれば、病院に行くようにしましょう。

多くの薬は5歳未満の使用は禁止となっています。

人気の市販薬やサプリ

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

ハトムギエキスと舞茸エキスの両方が含まれている、イボに悩んでいる人に人気なサプリです。

医薬品よりは安いだけではなく、ヨクイニンエキスの配合量も1000mgと非常に多いです。その為コスパが良くなっています。

透明感ある表情づくりに必要なチラシノーゼ阻害物質や潤いのあるお世話をするトレハロースが含まれているのが舞茸エキスです。

ヨクイニンエキスの量も豊富なのですが、他の美容成分も含まれたサプリメントです。

DHCヨクイニンエキスサプリ


価格が圧倒的に安いのがDHCのヨクイニンエキスサプリです。

一袋が600円ほどで購入をすることができ、お手軽に利用をすることができます。ただ、価格が安いのですが、ハトムギエキスは170mgと薬やサプリと比べると圧倒的に少ないです。

ヨクイニンはイボに効く成分として知られていますが、根本は肌の改善に役立つ成分です。

その為、美容を気にする人にお手軽に摂取することができるので、価格の安いハトムギエキスサプリは人気があります。イボに悩む人にはあまりおすすめできないかも知れないです。

イボコロリ内服錠

顔イボや首イボなどの老人性イボ用の市販薬として人気なのがイボコロリ内服錠です。

錠剤となった薬なので、からだの内側より全身に作用をする効果が期待できます。薬局やドラッグストアで販売していることも多いので、お気軽に利用をしやすいのがメリットです。

他の市販薬やサプリと比べてもヨクイニンエキスの量は1998mgと圧倒的に多いですが、その分、価格に関しては高めとなっています。

180錠で1箱で販売されていますが、10日分量となります。その為、他の1ヶ月分のサプリや市販薬と比べると3箱必要となり、価格も6000円程度となります。

薬やサプリヨクイニンエキスの量と価格で比較

市販薬の多くはヨクイニンエキスの量としては1000mg以上の物が多いです。その点を考えるとDHCのサプリは少し少なめなので、あまり顔のイボに悩む人にはおすすめできないです。

ただ、美容としてであれば人気のサプリであるのは間違いないです。見やすいように1日に摂取するヨクイニンエキスの量と価格で比較表を作りました。

商品名 価格 ヨクイニンエキス
ハトムギCRD 980円 1000mg
DHCハトムギエキス 600円 170mg
イボコロリ 6,000円 1998mg

イボコロリの錠剤は1箱で約2000円ですが、他の市販薬とサプリにあわせるように1ヶ月分の3箱の金額になっています。

この中でハトムギCRDのみハトムギエキスだけでなく、美容成分として舞茸エキスが含まれています。

その点を考えるとイボコロリのような市販薬のように副作用の心配をしないですむ、ハトムギCRDの利用者が増えているのも納得できます。

顔イボの治し方!取るのではなく原因を解消する

顔イボの治し方で大事となるのが取ることに固執をしないことです。

取りたいのであれば、病院の液体窒素を使えば取れます。痛みと目立つ跡が残るのが嫌ばら美容皮膚科の高額なレーザー治療もあります。

しかし、どちらに関しても取れた後には処方されたクリームや市販薬を使って、ケアをし続けなければなりません。

それは取ることはできても原因の解消ができていないためです。その為、またぽつぽつと数が再発してしまうことが多いデメリットがあるのですね。

顔や首のイボは沢山できやすいです。それはウイルス感染ではなく、肌機能の低下が原因なので、解消をしなければ数が増えてしまうのですね。

クリームや市販薬を使ってもイボが取れない人は?

クリームや市販薬を使ったからといって、必ずイボが取れる訳ではありません。それは人気の市販薬でもクリームでも口コミで悪い口コミを探せば見つけることができます。

ウイルス感染ではなく、肌機能の低下が原因なので、人によって症状や普段の生活習慣も異なってきます。

その為、市販薬やクリームを使えば誰でも必ず取れる訳ではありません。

顔のイボは取ることに固執をすると、薬やクリームを少し使って効き目がない。じゃあ次の方法を見たいな感じで、あきらめてしまう人や迷走をしてしまう人がいます。

そうならないように、きちんと原因を理解して解消することが大事となります。

おすすめの顔のイボを取る方法

おすすめの顔のイボを取る方法としては下記の2つの組み合わせです。

おすすめの取り方

  1. イボ取りクリーム
  2. ハトムギサプリ

クリームによって直接、顔のイボのある箇所の肌を改善する。そして、サプリによって内側からハトムギエキスを摂取して改善をしていく。

クリームを使っていれば顔のイボが取れたって人も多いですが、それは人それぞれです。きちんと原因を解消する為にも一時的に上記の2つを使っていくのがおすすめとなります。

市販薬とサプリの組み合わせはしない

市販薬とサプリの組み合わせに関してはおすすめすることができないです。

イボ用の薬である『イボコロリ内服錠』や『ヨクイニン錠』にしろ、処方薬として出される『コタロー』にしろ成分はヨクイニンエキスと添加物になっています。

そして、どの薬も副作用の報告がされています。
ようするにヨクイニンエキスを大量に服用すると副作用が起きる可能性があるのですね。

その為、サプリと市販薬を組み合わせて、過剰にヨクイニンエキスを摂取するのはおすすめできないです。

顔にできる小さなイボはアクロコルドンとスキンタッグ

顔にできる小さなイボは老人性イボであることが多いですが、2種類存在しています。

ぽつぽつと突起はしていないものの、沢山できることが多いのがアクロコルドンと呼ばれています。少し突起しているのがスキンタッグと呼ばれます。

更にサイズが1cmを超え、大きいものを軟性線維腫と呼ぶなど、老人性イボにも種類は多いです。

しかし、どれに関しても治し方や病院での治療方法など、全て同じになっています。

顔のイボの原因はターンオーバーの乱れ

顔のイボの原因はターンオーバーの乱れで角質が残ってしまうことなのは理解できた人も多いかと思います。

その大きな要因となる理由が2つあります。

紫外線による肌ダメージと加齢による肌の老化です。この2つは日ごろ生活する上で少しづつ肌に影響を及ぼしていきます。

この中で防ぎやすいのが紫外線による肌ダメージです。できるだけ夏場には外出の際には日焼け止めなどを使うようにした方が良いです。

肌の老化は紫外線がもっとも大きな原因とも言われています。

まとめ

顔や目の周りや首にぽつぽつとできるのは、紫外線ダメージなどによるイボなのですね。

そのため、市販薬やイボ取りクリームでも使われている成分がヨクイニンエキス(ハトムギ)です。サプリと化粧品の両方を使うに越したことはありませんが、費用はかさんでしまいます。

そのため、まずはイボ取りクリームを使ってみる。それでも駄目なようであれば、サプリを併用してみるのがおすすめとなります。早くどうにかしたいって人であれば、最初から2つ使ってみると良いでしょう。

基本的には原因を解消しなければ、いくら取れたとしても再発をしてしまいます。そのため、顔イボが取れたと安心をするのではなく、しばらくはきちんとケアを続けるようにしましょう。

更新日:

Copyright© 顔のイボ取りクリームや薬で自宅で治療する「顔イボ案内人」 , 2018 All Rights Reserved.